構築中サイトです。

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)と発達障害

はじめに

よく耳にし、違いが分かりにくいHSPと発達障害の違いについて。

精神医療・心理療法でも治せない大うつ病も速攻克服可能!
世界初!潜在意識のコアから自然治癒力発動!
家庭でできる覚醒型ヒーリング
脳が変わる、意識が変わる、前向きになれる、健康になれる
トラウマを受けやすい
HSP,HSS型/HSPタイプに適したヒーリング

ぼーと考えがちな人はHSPの人の特徴の一つです。
うつ病、精神病予防にも利用できます。
大うつ病にかかりやすいMBTIタイプ

1位30% ISFP
2位15% ISFJ
3位15% INFP
  Janowsky,Hong & Morter,1998による研究報告
(%は大うつ病に対する比率)

クリックでその他のヒーリング効果へ

HSPと発達障害の違い

文章だけではわかりにくく、誤解されやすいHSPと発達障害の違いについて簡単に。

発達障害・・・脳機能障害で障害認定基準があります。
グレーゾーンアスペルガー・・・発達障害に似た症状。病気ではありません。
HSP・・・環境感受性の高い人。特性で病気ではありません。

発達障害

先天的な脳機能障害で精神科医が診断に使用するDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)に登録されているもの。
・ASD(自閉症スペクトラム)
・ADHD(注意欠如・多動症)
・LD(学習障害)

があります。
ASDは自閉症的な症状で、1980年のDSM3に定義されていたアスペルガー症候群、カナー症候群をスペクトラム化(連続性)をもたせたものです。
ただし、本来ハンス・アスペルガー医師が定義したものとは違ったものに拡大解釈されています。
(本来のアスペルガー症候群は、ロボットのようなタイプ。話し方、動きが普通の人と違うところがあります。単純な仕事の繰り返しを好み、ユーモアが理解しにくいところがある。)
ADHDの人は、手をひらひら動かしたり、じっとしていられないといった多動的な症状があります。

精神科のリハビリにいくと、そういったタイプの人に出会えます。
一般の会社で実際に出会うことはまずないと思います。
HSPの人よりも生きにくいレベルですね。
自称当事者動画などにより、世間ではかなり誤解されていると思います。

発達障害薬は、治療薬ではないので注意が必要です。
現在治す方法はありません。

グレーゾーンアスペルガー

自閉症スペクトラムと一般人との境界線のグレーゾーン(あいまい)領域。
発達障害の認定までにはなりません。
約5%の人がこの範囲。育成期に不安な環境(夫婦喧嘩が絶えない、DVなど)で育つと発達障害に類似した症状が現れます。

一般就労して生きづらいと言われるレベルです。
HSPと併発しているもののように感じます。

アスペルガー症候群をDSM-3に取り入れたローナ・ウィング女史によって定義された積極奇異、受動型、孤立型などかもしれません。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

ポジティブおよびネガティブな環境刺激に対する環境感受性が高い人のことです
DMSに登録されておらず、人の素質を示すもので病気ではありません。
環境感受性が高い個人であるHSPは、環境感受性が低い人と比べて、ポジティブな環境から良い影響を受けやすく、ネガティブな環境から悪い影響を受けやすい特徴があります。
(ストレス環境下に育成環境におかれると、うつ病などを発症しやすい)
4つの特徴DOESを満たした人と定義されています。

関連記事

クリックでTopページへ

90分で自然治癒力発動!
精神科・心理療法で克服できない大うつ病も超短期で解消!
潜在意識速攻ヒーリングで脳を若返らせ体質改善
覚醒脳へステップアップ!

大うつ病・抑うつ・不安障害・強迫観念・睡眠障害
視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア
過敏性腸症候群(IBS)、慢性疲労症候群、自律神経失調症
精神安定・健康維持・精神疾患予防・ストレスケア

愛媛松山占い、愛媛松山手相、愛媛松山ヒーリング、愛媛トラウマケア
愛媛健康療法

タイトルとURLをコピーしました