構築中サイトです。

HSP(ハイリ―センシティブパーソン)と心の病

Isolated on white. 3D Render

精神医療・心理療法でも治せない大うつ病も速攻克服可能!
世界初!潜在意識のコアから自然治癒力発動!
家庭でできる覚醒型ヒーリング
脳が変わる、意識が変わる、前向きになれる、健康になれる
トラウマを受けやすい
HSP,HSS型/HSPタイプに適したヒーリング

ぼーと考えがちな人はHSPの人の特徴の一つです。
うつ病、精神病予防にも利用できます。
大うつ病にかかりやすいMBTIタイプ

1位30% ISFP
2位15% ISFJ
3位15% INFP
  Janowsky,Hong & Morter,1998による研究報告
(%は大うつ病に対する比率)

クリックでその他のヒーリング効果へ

HSPとは

HSPと心の病

HSPとは、五感の働他者の心を敏感に感じ取ってしまう性格を、生まれつき持つ人のことです。HSPは以下のような理由から、心の病気になりやすいです。

脳の働きが過敏であること

HSPの人は、刺激に対して高感度の持ち主です。
高感度である理由として、刺激を受け取る大脳皮質にある「島皮質」の働きが活発であることです。
また、危険を察知し情動を生み出す「偏桃体」の部分も活発です。
そのため、普通の人よりもストレス的な刺激を感じると神経が過敏に働いて不安や恐怖が高ぶりやすく、こころの病に関わる自律神経が乱れやすいことが理由としてあげられます。

自律神経が乱れ、脳内から分泌される精神に関わる神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、GABA)の異常が起こることで精神が不安定になり、「うつ病」などのこころの病になっていきます。

トラウマ

トラウマとは心的後遺症のこと。何かストレスがあったとき、一時的なものでなく心的、身体面にも不調が残るものです。

トラウマの捉え方も、時代とともに変化してきてるわね。

トラウマは「心の傷」と言われ、過去の囚われた記憶のように扱われてきました。
近年、脳科学の発展とともに「神経系統の乱れ」と捉えられてきています。
トラウマとして、
 ・交感神経を高める「PTSD
 ・副交感神経(背側迷走神経)を高める「解離性障害(離人症、健忘、同一性障害)
があります。

HSPの人は神経の働きが過敏なので、トラウマを受けやすいニョロよ。

解離性障害(離人症、健忘、同一性障害)

HSPの人がうけやすいトラウマティックな症状として知られています。

解離性障害とは、自分が自分であるという状態が失われている状態のことです。
具体的には、知覚の一部を感じなくなったり、感情が麻痺してしまったり、過去の記憶が抜け落ちてしまったりするような症状があります。
苦しすぎる記憶や、苦しすぎる感覚を解離させることで自分を保とうとする、人間の機能であると考えらえれています。

親の過干渉、ストレス環境に慢性的におかれると出てくる症状ね。

ドラクエ呪文「フバーハ」みたいなもんにょろ。

趣味がない、生きがいがない、感情が湧かない、本をよんでもぼーとするな・・
その原因が解離性障害です。

自律神経失調症・・・疲れ、睡眠障害の原因

自律神経がみだれた状態が「自律神経失調症」で様々な症状がでます。

自律神経失調症は、「うつ病」ではありませんが、自律神経が乱れ身体的な不調がでる症状です。
交感神経が優位になると、イライラ、発汗、赤面、緊張、不眠、肩こり、頭痛、耳鳴り
副交感神経(背側迷走神経)が優位になると、意欲低下、無気力、乾燥肌、過眠、ボーとする
といった症状がでますが、自律神経失調症はこういった症状が2週間以上慢性的に続く症状を指します。
・夜中なかなか眠れなくなった、
・疲れやすい体質になった
・肩こりがなおらない・・
・朝が弱い、遅刻をよくする、授業中よく居眠りする
・あがりやすい
といった場合は、自律神経が乱れている状態といえます。

学生時代、よく遅刻していた、授業中居眠りしていた、ぼーとしていた、あがり症という人はうつ病や不安障害にかかるリスク高いとおもいます。

うつ病の前段階が「自律神経失調症」といっていいでしょう。

うつ病、睡眠障害、不安障害も自律神経失調症の仲間だね。

適応障害・・・環境から受けるストレス障害

誰でもありうるものですが、環境の影響をうけやすいHSPの人は、適応障害になりやすいにょろん。

「仕事環境」「暴力的な親との生活」「仕事の異動」など、特定の状況や出来事がその人にとって過度のストレスとなり、生活に支障をきたしている状態です。原因が特定されるため、原因から離れると症状は改善していきます。

症状
吐き気がする。
胸やけがする
動悸がする

うつ状態のようなもので、「うつ病」ではないですよ。
カウンセリングや環境変える、スキル磨くなどが有効ですね。

気分障害・・うつ病

気分障害は、複雑性PTSDで起こるものです。
副交感神経(背側迷走神経)優位の症状です。

「うつ病」は、大きなショックのイベント(受験失敗、裏切り、レイプ、失恋、離婚、失職、災害、出産、死別など)で発症するものです。

いくつかのトラウマが重なった状態で起こるもの(複雑性PTSD)で、
HSP気質を持つ人が機能不全家族で育つと何等かのきっかけで「うつ病」を発症するリスクが高まります。

自律神経失調症の身体的症状に加え、神経伝達物質異常も大きく作用し精神面、性格面(パーソナリティー障害)にも大きな変化がでてきます。

メランコリーうつ病
・人に会いたくない。話したくない。
・意欲が著しく減退(承認欲求、就労意欲、昇進意欲、遊ぶ(趣味)意欲など)
・強い疲労感、憂鬱感、悲壮感、睡眠障害
・服装、生活習慣も乱れる、喜怒哀楽が乏しくなる。
・呪われたようなおもおもしい感覚
が伴うようなもので、生きている感じがしないほど日常生活に大きな支障がでるものです。
※ただし、怠け者、引きこもりというものではありません。

防衛反応なので、「死にたい気分」になるようなものではありません。
明るい人でも、かなり大人しくなってしまう・・。そんな症状です。

ストレス管理でも防ぎようのないもの、それが「うつ病」です。
いちどかかると、感情コントロールがききにくくなる。

動画で自称当事者、SNSにいる死にたい言ってる人達は「うつ病」ではないにょろよ。

不安障害(全般性不安障害、パニック障害)

不安障害は交感神経優位の症状です。

胸がどきどきする・・。というのが特徴です。

漠然とした不安感が続く状態を全般性不安障害といいます。
パニック障害は、突然呼吸が苦しくなるような症状で、過呼吸症候群(はぁはぁする息苦しさ)に襲われることもあります。その苦しさが忘れられず、「また襲ってこないか」と不安にかられ(予期不安)ひどくなると、人混みの場所、電車に乗ることにも恐怖を感じます。(広場恐怖、乗り物恐怖)パニックが起こっていない時も自律神経失調症状態で、肩こり、不眠などの症状がでる人もいます。

メランコリーうつ病はドキドキ感はないです。

統合失調症

うつ病と誤診されることも多いのが統合失調症です。

統合失調症とは、思考や感情がまとまりにくくなる症状です。
脳の働きをまとめられないため幻覚を感じたり、妄想に捉われたりするのが特徴的です。
うつ病では幻聴や幻覚、妄想性はありませんが、統合失調症の場合は本人が異常と自覚がないような妄想、幻聴が起こるものです。

統合失調症の例)
・家に誰もいないのにあたかも誰かいるように話しかける。(本人の自覚がない)
・書いている文章、言っていることが支離滅裂状態。
・不可解で奇妙な行動。

典型的な有名人
・エドワルド・ムンク
・ジョン・ナッシュ
・藤谷美和子さん

2003年6月26日には、皇居坂下門に突如タクシーで乗り付け、当時警戒中の警察官に開門を要求、開けようとしない警察官に「紀宮さまは私の妹。お会いしてお手紙を渡したいのです」と詰め寄り、その後1時間あまりタクシー内に立て籠もるという騒動を起こしている[。この騒動の後、暫くの間表舞台から姿を消した。

2005年12月、演出家の岡村俊一と結婚。その後離婚を希望し、芸能界復帰の意思がない。毎日ゴミ袋を両手に持って同じコースを歩き回っていると一部のスポーツ紙は報じた。

参考:Wiki

うつ病の人は、健常者とあまり違いが分からないのに対して
統合失調症の人は、誰からみても行動が明らかにおかしいと思えるような人ですね。

統合失調症の抗精神薬(トランキライザー)はドーパミンを抑制する薬。
これを健常者が飲むと感情が死んだようにになる(あたかもうつ病になったかのよう)怖い薬だ。手が勝手にふるえたり、身体が勝手に動く(アカシジア、ジスキネジア)などもでて大変になるよ。

パーソナリティー障害

パーソナリティ障害とは、考え方や振る舞いや人との関わり方が現代に適応できずに、苦しんでいる状態のことをいいます。


HSPに該当するパーソナリティー障害は(攻撃性はない)

・スキゾイドパーソナリティー・・・一人を好む平和主義者
・回避性パーソナリティー・・・拒絶,批判を受けるリスクを伴う交流を回避する
・依存性パーソナリティー・・・誰かに依存してしまう
・境界性パーソナリティー
・・・見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている

当たりに多い傾向があるようです。

障害とはなっていますが、誰でも当てはまるものなので気にしないにょろよ。

まともな人はいないってことだな。

まともな人が異常なのよ。

発達障害

HSPと混同されやすいのが発達障害。
本を読んでチェックしていくと「バーナム効果」のトリックで混同されてしまうものですね。

こちらは、日常生活に大きな弊害がでる障害です。

私が実際見た人はこんな感じの人でした。
明らかにちょっと変わってる・・という感じがしますね

大きな違いだけ

例えば、
空気がよめない
ドアを叩くとき普通の人ならコンコンと軽く叩くところを、おもいきり「ドンドン」叩く。
話をするとき、怒鳴るように大きな声で説明する。
なかなか融通がきかない。

運動の苦手さ
動作が少しロボットのような感じ。(アスペルガータイプ)
ラジオ体操しても、妙な動きをしている。(左右に手振るところを前後運動)
椅子に座ってじっとしておられず、途中でうろうろ動き出す。

医原病(精神科の薬の副作用)・・精神疾患じゃない

うつ病ではなく、現在最も多くよく知られていないのが医原病。

精神科に通うと医原病になって健常者の人もうつ病、双極性障害、統合失調症にされてしまう症状です。

向精神薬(抗うつ、抗不安、睡眠薬、抗精神薬、発達障害薬)は、一時的に精神的症状を緩和する薬で治療薬ではありません。

それを知らずに、服用を続けていくと、本当のうつ病のような感じになっていきます。
抗うつ薬はうつ病に
抗不安薬は不安を増強(パニックの原因にも)
抗精神薬は統合失調症に

向精神薬が原因で自殺衝動(自殺念慮)、入退院を繰り返すといったこともなるので注意が必要です。

詳細はこの方のブログが詳しいです。

精神科卒業までの道のり記録
雅子さんのブログです。最近の記事は「シゾフレ人間(画像あり)」です。

ネット、メディア上の情報も捜査されているので鵜呑みにしないほうが賢明です。

私も被害にあった一人。奇跡的に生き残ったものである。
嘘か本当かは自分の目で確かめるがよいぞ。

HSP能力の特殊能力「深い洞察力」の試し所にょろ。

クリックでTopページへ

90分で自然治癒力発動!
精神科・心理療法で克服できない大うつ病も超短期で解消!
潜在意識速攻ヒーリングで脳を若返らせ体質改善
覚醒脳へステップアップ!

大うつ病・抑うつ・不安障害・強迫観念・睡眠障害
視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア
過敏性腸症候群(IBS)、慢性疲労症候群、自律神経失調症
精神安定・健康維持・精神疾患予防・ストレスケア

愛媛松山占い、愛媛松山手相、愛媛松山ヒーリング、愛媛トラウマケア
愛媛健康療法

タイトルとURLをコピーしました