構築中サイトです。

HSPと手相1 はじめに ~基本線(生命線、感情線、知能線、運命線)~

手相

はじめに

古くからよく親しまれている占いの一つ手相。
HSP(ハイリーセンシティブパーソン)の方なら、占いも好きな人が多いので詳しい人もいるのではないでしょうか?
こういう私も、うつ病を発症してからの期間は、「いつこの苦しみから解放されるのか」と毎日のように手を眺めていました。そして、時が経つにつれ、不思議なことにじわりじわりと線が変化していることに気づきました。手相は劇的に変化はしませんが、長年見続けていると精神状態によって変化し運や生い立ち(トラウマ)などの記録が残されているのだと確信したのです。

そして、その経験から機能不全家庭育ち、HSP気質、うつ病など精神疾患になりやすい手相を知っておくと、発症しても予防ができるのではないかと思い付きました。
うつ病は、突発的に起こるもので、一度精神が崩れると日常生活もままならなくなり、恋愛、出世、家庭環境も破綻させてしまうほどのもの。一般に言われているようなストレス管理で太刀打ちできないようなものです。
感情コントロールがまずできなくなる恐ろしい病気で、20年近く闘い完全復帰したのは世界でも私位なのではないかと思います。(だいたいの人は現状の精神医療、心理療法によって薬漬けで廃人になってしまう人がほとんどなのです。薬漬けにされると手相まで悪化していきます。)
しかし、HSP気質を知り、大うつ病も速攻克服可能な「Holistic Healing」を身に着けておくと、うつ病予防になり、体質改善にもなるので強い味方になります。
そして、その予見になりうるのが「手相」だと思っています。

精神医療・心理療法でも治せない大うつ病も速攻克服可能!
世界初!潜在意識のコアから自然治癒力発動!
家庭でできる覚醒型ヒーリング
脳が変わる、意識が変わる、前向きになれる、健康になれる
トラウマを受けやすい
HSP,HSS型/HSPタイプに適したヒーリング

ぼーと考えがちな人はHSPの人の特徴の一つです。
うつ病、精神病予防にも利用できます。
大うつ病にかかりやすいMBTIタイプ

1位30% ISFP
2位15% ISFJ
3位15% INFP
  Janowsky,Hong & Morter,1998による研究報告
(%は大うつ病に対する比率)

クリックでその他のヒーリング効果へ

HSPとは

HSPとは、環境感受性の高い人のことで神経過敏で環境からの影響を受けやすい人のことを指します。繊細で疲れやすくなる体質のことで、うつ病にかかりやすい体質でもあります。

手相はなぜ当たる? ~オカルトのようでオカルトではない~

なぜ、手相で性格、健康状態がわかるのでしょうか?
それは、脳と手は神経細胞でつながれており、その働きが相として表れているからです。
感情を生み出す心は脳で作られ、また思考や健康維持機能も脳で行われているので、その状態が神経を通じて手相となっているのです。
そのため、手相を見ると現状の才能や運、性格、現状から見た未来が予測できるのです。
そして、手相の歴史は今から約6000年前に古代インドではじまり、紀元前から現代までずっと研究されてきたので、その蓄積されてきたデータの多さにもよります。

そのため、「驚くほどよくあたる性格診断MBTI」と「手相占い」によって、HSP特性を客観的に判断し、自分にあった健康状態、適正を知り環境、生き方を選ぶことによってメンタル不調を予防し、生きやすい人生を目指していけるのではと思っています。

基本線

では、今回ははじめなので手相の基本的な線について説明していきます。

個人のエネルギーを表す主陽線(生命線、感情線、知能線、運命線)についてですよ。

人の心は「知」「情」「意」の三位一体でできていると言われているように、それらを生み出しているのが脳(前頭葉、脳幹、扁桃体)であり、状態を表しているのが生命線、感情線、知能線です。

心と脳、手相の対応
「知」・・・前頭葉・・・知能線
「情」・・・偏桃体・・・感情線
「意」・・・ 脳幹 ・・・生命線

運」 ・・・運命線(意志の強さ)

知能線 ~思考回路・職業の適性~

知能線は思考、才能、創造性、仕事の適性を表し、脳の思考と理性を司る「前頭葉」に相当します。
頭がいい、悪いといったものを表すものではありません。
自分の適性は何だろうと知りたい人はこの知能線をみてみるといいでしょう。
線の長さ、太さ、傾きでその傾向を知る事ができます
線が長い人は気が長く熟考タイプで、短い人は考えるよりも行動するタイプです。
線が太く濃いと意志が強く、細く薄いと自己主張が苦手で気弱。
傾きが、直線的、上向きだと現実的で、金銭面や実務に強く、月丘の下方に傾きが大きい人ほとクリエイティブで繊細です。
こう考えると、深く考えるHSPの人は比較的長めで、下に傾いている人が多くなるかと思います。
うつ病など悩みが深くなるほどこの線に乱れがでてきます。

感情線 ~恋愛傾向・感情の動き方の傾向~

感情エネルギーを表し、脳の「偏桃体」の働きに相当するのが感情線です。
千の長さ、乱れ具合、伸びる方向によって情熱的か、クールかといった性格面、執着、嫉妬、恋愛傾向をみることができます。
長さ”は執着心を測り、短い人はクールで淡々とし、長い人は情熱的です。
感情線が枝分かれ、あるいは鎖状に乱れていると人間味のあり、乱れやカーブがなく一直線だと情に欠けるタイプになります。
“濃さ”は感情の深さを測るもので、線がはっきりしている人ほど情熱的とも言われます。

生命線 ~体力・精力・バイタリティー・家族愛~

手相の中でも「生命線が長いと寿命が長い」と言われるように、よく知られているのがこの生命線ではないでしょうか?
生命線は、人間の生命に関わる生きる上での基本線。
脳の働きでいえば、人間的バイタリティー、健康を司る脳器官「脳幹」に相当します。
脳幹は、自律神経、ホルモン分泌の働きに関わる潜在意識のコア部なので最も重要な部分です。
病気やけがなどの健康状態や生命力などを表し、健康力、タフさをみる上では欠かせない線です。

生命線は長いか短いかがよく言われますが、どちらかというと生命線が濃くはっきりしていることのほうが重要です。生命線がはっきりしている人は、たとえ病気になっても軽度であったり、重症でも回復したりする確率が高いと言えます。
細く乱れ気味で頼りない線だと生命力が弱い状態、カーブが張り出した強い状態だとエネルギッシュ、ストレートに近ければ繊細な意味があります。短くても運命線が強く出ていれば、生命線を補強し強く生きて行くことを示します。

運命線 ~意志の強さ・人生の転機・運気の勢い~

手のひらから、中指に向かっているものが運命線です。
運命線はある人、ない人がいますが、あるからといって幸せな人生を歩めるものといったものではありません。(子供にはないようです。)
人生の勢いをみる線で、仕事、主婦なら家庭運を表します。
進路、結婚、転職などの人生の転機が表れ、意欲と行動力があると線がくっきり出てきますが、心が決まっていないと線は弱めになります。脳が自己採点している結果ですので現状とズレが生じることもあります。
長く、太くくっきりしている人ほど自我が強く、未知を切り開いていくことができます。

クリックでTopページへ

90分で自然治癒力発動!
精神科・心理療法で克服できない大うつ病も超短期で解消!
潜在意識速攻ヒーリングで脳を若返らせ体質改善
覚醒脳へステップアップ!

大うつ病・抑うつ・不安障害・強迫観念・睡眠障害
視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア
過敏性腸症候群(IBS)、慢性疲労症候群、自律神経失調症
精神安定・健康維持・精神疾患予防・ストレスケア

愛媛松山占い、愛媛松山手相、愛媛松山ヒーリング、愛媛トラウマケア
愛媛健康療法

タイトルとURLをコピーしました