構築中サイトです。

HSPと手相  掌線の種類「思考をあらわす知能線」

手相の線

はじめに

手相には数えきれないくらいの様々な線があり、健康状態、運勢、過去の記録、性格などをうつしだしています。

今回はその人の思考がわかる「知能線」について詳しく取り上げていきます。

手相で、HSPかの判定や、うつ病のかかりやすさなども予測できるにょろよ。

精神医療・心理療法でも治せない大うつ病も速攻克服可能!
世界初!潜在意識のコアから自然治癒力発動!
家庭でできる覚醒型ヒーリング
脳が変わる、意識が変わる、前向きになれる、健康になれる
トラウマを受けやすい
HSP,HSS型/HSPタイプに適したヒーリング

ぼーと考えがちな人はHSPの人の特徴の一つです。
うつ病、精神病予防にも利用できます。
大うつ病にかかりやすいMBTIタイプ

1位30% ISFP
2位15% ISFJ
3位15% INFP
  Janowsky,Hong & Morter,1998による研究報告
(%は大うつ病に対する比率)

クリックでその他のヒーリング効果へ

HSPとは

HSPとは、環境感受性の高い人のことです。神経過敏で環境からの影響を受けやすい繊細さをもち疲れやすく、うつ病にかかりやすいともいわれています。

知能線とは

知能線(ちのうせん)は、頭脳線ともいい主に頭の働きを現す線です。
その名のとおり、頭(前頭葉)の働きに関わる、知性、思考、行動、自制心の働きを知る事ができますが、目に対しても深い関わりがあるとされています。
知能線も生命線などと同様、乱れもなく明瞭にはっきり刻まれているのが吉相で、切れ切れであったり、鎖状であった場合には思考力が散漫になり集中できないことを表します。
線上に現れた異常(ホクロ・切れ・島等)は頭部や目の怪我や病気を表し、メンタル、障害に関する情報も得ることができます。

知能線からは思考力、頭の働きだけでなく、うつ病といった精神状態をみることもできるのです。

知能線の流年法

知能線上の年齢を設定していく方法です。
流年法は、流派や占い師さんによってやり方が少し違ったりします。

手相には「流年法」と呼ばれる、ある年齢で何等かのイベントが起こる(起こった)という未来予測や過去を知る方法があります。流年法は、主要な線である生命線、知能線、感情線、運命線でそれぞれみます。
知能線の場合、親指と人差し指の境を0歳とし、人差し指の下が10歳、中指の下が30歳、薬指の下が50歳、小指の下が70歳と見て線状に何かのサインが出ていれば、それが何歳ごろに起きるかを判断します。

知能線の基本的な見方

知能線の基本的な見方からみていくよ。

起点・・・行動力をみる

知能線の起点は親指側になり、生命線との離れ具合から行動力、外交力をみることができます。

知能線の起点の状態と意味
(1)生命線から離れる・・・行動派で社交的。
(2)生命線と重なる ・・・慎重・冷静で内向的。

起点部分が頭脳線から1~2mm程離れた線は明るく人当たり良い性格で、知能線の起点が生命線から離れるほど行動力が強くなりますが、空気を読めず、物事を深く考えずに行動し大失敗をやらかす可能性があります。
生命線との重なりが大きくなるほど、几帳面で細かいことが気付き、慎重で用心深く失敗は少ないのですが、自己アピールが苦手で、人から評価されにくい欠点があります。

終点・・・物質的か精神的か

知能線の終点の意味
(1)上に向かう・・・物質・金銭的
(2)下に向かう・・・精神的・創造的

知能線が月丘に向かうことが(つまり下向きに垂れる事が)一般的で、頭脳線の終端が下へ向けば向く程、精神的・奉仕精神傾向が強くなり、芸術方面に適正があります。

終端が上へ向くほど現実的で物質的な傾向が強くなり、金銭や物欲に興味を持つようになりビジネス、企業家向けとなります。感情線より上にいくと、他人を犠牲にしてでも金儲けに走る狡賢い面が強くなります。水星丘(小指下)の中央まで至る場合、金儲けのセンスがあります。

長さ・・・思考をみる

知能線の長さの意味
(1)短い・・・直感で物事を判断し、思い立ったらすぐに行動。
(2)長い・・・思慮深く、マイペース、考えてから行動。

線の長さは頭の良さや、IQを表しているものではなく、行動、思考力を表しています。
長いか、短いかは、薬指の中央を基準とし、超えていれば「長い」と判断します。
短いと、考えるより行動するタイプ、長いと理屈で考えてから行動し、先の計画を立てて行動します。
短いと、物事を素早く覚えテキパキ行動することに適したビジネス・企業家に向き、長いと深い思考を要する専門職に向いています。
長い月丘へと至る知能線から、直感線が出ている場合、鋭い洞察力、直感力へと結びつき、占い師などに向いているでしょう。

線が濃い・薄い・・・集中力・決断力

知能線の濃さ
(1)濃く明瞭(感情線より濃い)  ・・・集中力、学習力、決断力がある
(2)薄く不明瞭(感情線より薄い)・・・集中力、学習力、他力本願な面がある

知能線の濃さは、頭を常に働かせているかどうかといった知能の発達度が分かります。
つまり、集中力、学習力、決断力のパラメーターで、いわゆる「頭の良さ」に関わります。
知能線の濃さは、自分の感情線と生命線と同じくらいが、バランスが良く一番良いとされています。

知能線がかなり濃い場合は、頭を常に使っていることを示しており、頭が良く、知識が豊富な人が多い傾向にあるでしょう。ただし、線が長く生命線との重なっている部分が長い人は、考えすぎる傾向にあるので、むしろ外にでて運動するなどしたほうがいいです。
反対に、知能線が薄い場合は考えるのが苦手で、決断力がなく人に任せようとする傾向があります。

右手と左手の違い

知能線を見る時は、右手と左手の両方を見て内容を読みとります。
基本的に、左手は先天的な生まれ持った性質や過去の記録が、右手は後天的に学んだり知ったこと、現在や未来があらわれます。
左右の手の知能線が右手と左手で大きく違うのであれば、二面性があり、二つの違う才能を持っていると読みとれるでしょう。(仕事とプライベートでみせる顔がちがう)
左右で同じであるならば、裏表のない性格の持ち主で、環境、対人の変化に影響されないと読みとることができます。

一方が内向的、もう一方が外交的な手相ならHSS/HSPなのかもにょろね?

知能線と生命線の基本的タイプ

知能線と生命線が大きく離れたタイプ

知能線がストレートに月丘へ向かう

知能線と生命線の起点が離れると行動的なタイプ。
この起点の状態に加え、知能線が月丘方向にストレートに下降すると行動的な資質を持ちつつ即座に状況を判断できるシャープな頭脳を持つ「リーダーの相」となります。

知能線が月丘へ向かい緩やかに下降する

上のタイプにさらに月丘へ向かうタイプは、考え無しに行動に移す意味合いになり、周囲を驚かすような行動にでる傾向になります。熟考し自制心を持つことで矯正され、良い相になっていきます。

知能線と生命線が少し離れたタイプ

知能線の起点が生命線から若干離れている(5mm以内)と、先の例より行動力は大人なしめになります。月丘へと緩やかに下降する知能線の人も、行動的な面と精神的な両面が合わさりバランスの良い性質を持つことになります。

二重知能線

知能線が2本だから、賢さ2倍だね!

二重知能線は、二本の知能線がある珍しい手相です。
2本あるので、二重の意味があることになります。
たとえば、上のように知能線が生命線と重なっているものと離れているものがある場合、大胆さと慎重さを兼ね備えていることになります。
良い意味で二重人格的な性質を持ちます。

知能線の末端

知能線末端部の様々なパターンを取り上げていきます。

末端に出てくる線・・・ポジティブかネガティブかの状態

知能線の末端部の上下に沿うようにでる場合、上側か下側かで意味合いが異なってきます。

末端に出てくる線
 (1)末端の上に線がでる・・・物事を良い方向に考える
 (2)末端の下に線がでる・・・物事をネガティブに考えがち

上側に、沿うようにして線が出る場合はポジティブな考えの持ち主に現れ、物事を積極的・プラス思考に考えられる良い相です。
反対に下側にでるときは、ネガティブな考えを持つ状態に陥っている事を示します。
物事を悪く考えがちで、鬱病や精神的不安・パニック障害などにかかっているときにあらわれやすくなります。

末端部に出る支線は精神状態で変化しやすいです。うつ病なども治れば次第になくなっていきますよ。


途中で月丘に真っ直ぐ下降

途中で月丘に真っ直ぐ下降する線の意味
 (1)急激に月丘へ向かう・・・精神、物質両面的
 (2)急激に月丘へ弱弱しく向かう・・・才能を生かし切れていない

まっすぐな知能線が、途中で折れるように月丘へ向かう知能線は、物質面と精神面両面の才能を持ち合わせています。頭の回転も速く、とっさの判断力や決断力に優れ、空想や想像力が豊かでアイデアを現実化させることができ人並み以上に何でもこなす才覚持つことを示しています。

ただし、知能線の力がなく垂れ下がっているような状態は、才能・資質は非常に強いものでも、本人の怠け癖によりその才能を生かすことが出来なかったという人に現れます。

線の末端部は努力によって変わりやすいので、努力すれば後者の場合でもよい線に変化していきます。

知能線からの支線

明瞭な知能線からでる支線は多才な才能の持ち主であることを現し、支線が増えれば増えるほど、その傾向は強くなります。

2つのパターン

知能線からの支線
(1)真っ直ぐな知能線から下降する支線・・・現実的な持ち主に精神性が備わる
(2)月丘向きの知能線に上向きの支線 ・・・想像的な持ち主に現実面が備わる

(1)の場合、物質的・金銭的傾向が強い真っ直ぐな知能線の持つ人は、現実的なことしかみていなかった人が、ある一時期からその考え方が改められ、精神的・創造的な才能が開花した、と見ることが出来ます。

(2)の場合は反対に、愛情や優しさだけの精神的なことに重点を置いていた人が、これだけでは生きていけないと悟り、物質的なものの重要性にも気づいたとも考えられます。

ともに物質・精神の両方の資質が上手く組み合わさるため、非常にバランスの良い知能線といえるでしょう。

この相に限りませんが、知能線から支線が生じている人というのは、大抵の場合、ある時期より自分の考え方を大きく変えるイベントが起きるようです。

知能線から複数本の支線が出る

健全な知能線に複数本の支線がでる場合は、多才であることを現しています。
ただし、これは知能線自体が明確であることが条件で、ストレス下に置かれて知能線が乱れ、島などの凶相があったりする場合は、あまりに多くのことに気を取られすぎて得る物がない、といった状態になります。

知能線の乱れ・・・乱れは心と思考の不調

先天的な脳障害、トラウマ経験は知能線に異常となって乱れがあらわれてきます。

手のひらの真ん中のみに刻まれる知能線

長期間ストレス下に置かれると、知能線本体の形状が様々に変化していくことはよく起こります。
先天的な知能の疾患を抱えているような人は、知能線の起点の部分がなく手のひら真ん中に短く刻まれたり、うねった形状、ほとんどかすれて見えないような状態となります。

鎖状態

知能線の起点部分(流年法によれば0~20歳頃)が鎖状態になっている相は、機能不全家庭などのトラウマにより若年期における体調不良や学問の遅れを意味しています。この部分の相は成人してからほとんど変化しません。

知能線のきれ・・・切れはキレやすい

キレやすいタイプ。DV人間かの判断になりそうね。

知能線の起点付近に切れが生じている

知能線の起点付近が切れているケースは、あまり見られない物で、事故や怪我による頭部の損傷を現すことがあります。

切れている知能線は突然途中で大きくズレて線が分断します。
こうした頭脳線は、感情的になって“キレる”行動をしてしまいな性格を表しています。
また、考え方が180度変わるような人でもあり、ある日突然別人になったかのように考え方が大きく変わることがあり、周囲をふりまわすことも。双極性障害や境界性パーソナリティーの人に見られやすいのるかもしれません。

よい手相はくっきり明瞭なものがよいのですが、きれきれで細かく薄い線で構成されている知能線は、あまり良い相とは言えません。
集中力、思考力に欠き、性格面では陰口や悪口を言う人が多いようです。

内向き・外向きの知能線・・・精神面に問題

内向きの知能線

外向きの知能線

知能線は下降するほど精神的意味あいが強くなりますが、知能線が大きく生命線まで割り込むパターンは、強迫観念などで苦しめられ非常に臆病であることを現しています。
反対に、月丘へ大きく急下降し、さらに横に流れる場合、物事を悲観的に考える傾向があるようです。
月丘に向かうのでかなりの創造性の持ち主。美術・芸術方面で天才的な才能を発揮するものの、悲観的に考えすぎて自殺に至る事もあるため、別名「自殺者の知能線」とも呼ばれます。

妨害線・・・あったら注意

知能線に生じる垂直に刻まれる妨害線は苦痛・苦悩を意味する物。
大きな悩みを持っていたり、他者からの妨害により色々と苦悩していたりするとあらわれてきます。

知能線の紋・・・吉相・凶相いろいろ

スター(星紋)

スターは、3本の短い線からなる、星のようなマークで吉相をあらわします。
頭脳線上にスター線が出ているなら、学問の道で評価されることが起きるかも?

フィッシュ(魚紋)

魚のような形をしたフィッシュもスターと同じ幸運の相です。これまで努力し能力を生かしてきたことに対し、実を結ぶ瞬間があることを知らせるサインです。何か知力を活かしてビジネスに生かしていくのもいいかもしれません。

トライアングル(三角形)

三角形の紋は、知能線上のものは注意を表します。仕事でミスをする可能性を示すので、気を引き締めましょう。一方、頭脳線のそばにあるなら、仕事がうまくいくことを表しています。

スクエア(四角形・#形)

スクエアは、保護の象徴とも言われているように、自分にとって悪いことやトラブル、病気や事故などから免れることを指します。知能線上にあらわれるということは、頭部に関する怪我や病気が回避される事を意味することがあります。あるいは、頭を悩ませている問題や難しい課題の解決の糸口がつかめる兆しとも捉えることができます。

クロス・ほくろ

クロスは凶相の中でもトップクラスのもの。
頭脳線の先端にバツ印がある場合、怪我をしやすい、理解力が弱くなることを暗示しています。
このような場合、考えがまとまり難くなり、集中力や創造性なども乏しくなるので、注意力が散漫となり、ケガをしやすくなるようです。クロスを過ぎて伸びる線が濃くしっかりとしていれば、一時的なものになり、薄いとその後も意思が弱めになります。

知能線の上にほくろがある人は、本来の力を発揮できず、トラブルになりやすい傾向があります。また、頭や目にトラブルが起きる可能性も考えられますので、日常生活において適度なリフレッシュをとるようにしましょう

島紋

島も代表的な凶相で、頭脳線に島がある場合、場所によって意味が異なってきます。

起点部

知能線の起点部分に島がある場合、幼少期における病気を意味することがあります。
知能線と生命線の起点が重なっているケースでのこの島は、生命線の起点部分にある島とも読み取ることが出来、何らかの病魔に冒されて勉強ができなかったとも考えられます。

中央部

知能線の中央部分に島がある場合は、うつ病などの精神病の発症や、激しいストレスによる場合や、目を酷使することによる眼病・眼精疲労を現すといわれています。
休養をとったり、症状から解放されると消滅していきます。

末端に島

知能線の末端部分に島が生じている場合、重度の鬱病・精神病などに犯されている恐れがあります。
図のように急に垂れ下がる知能線の末端部分にこの相がある場合はとくにその傾向が強く、自殺の恐れもあるとされています。

知能線も生命線同様に、うつ病にかかり精神状態が乱れると支線や島がでてくるので、メンタルが不調なのかがわかります。

その他の手相はこちら

クリックでTopページへ

90分で自然治癒力発動!
精神科・心理療法で克服できない大うつ病も超短期で解消!
潜在意識速攻ヒーリングで脳を若返らせ体質改善
覚醒脳へステップアップ!

大うつ病・抑うつ・不安障害・強迫観念・睡眠障害
視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア
過敏性腸症候群(IBS)、慢性疲労症候群、自律神経失調症
精神安定・健康維持・精神疾患予防・ストレスケア

愛媛松山占い、愛媛松山手相、愛媛松山ヒーリング、愛媛トラウマケア
愛媛健康療法

タイトルとURLをコピーしました