構築中サイトです。

HSPと手相  掌線の種類「感情の状態がわかる感情線」

手相の線

はじめに

手相には数えきれないくらいの様々な線があり、健康状態、運勢、過去の記録、性格などをうつしだしています。

今回は感情の状態がわかる「感情線」について詳しく取り上げていきます。

手相で、HSPかの判定や、うつ病のかかりやすさなども予測できるにょろよ。

精神医療・心理療法でも治せない大うつ病も速攻克服可能!
世界初!潜在意識のコアから自然治癒力発動!
家庭でできる覚醒型ヒーリング
脳が変わる、意識が変わる、前向きになれる、健康になれる
トラウマを受けやすい
HSP,HSS型/HSPタイプに適したヒーリング

ぼーと考えがちな人はHSPの人の特徴の一つです。
うつ病、精神病予防にも利用できます。
大うつ病にかかりやすいMBTIタイプ

1位30% ISFP
2位15% ISFJ
3位15% INFP
  Janowsky,Hong & Morter,1998による研究報告
(%は大うつ病に対する比率)

クリックでその他のヒーリング効果へ

HSPとは

HSPとは、環境感受性の高い人のことです。神経過敏で環境からの影響を受けやすい繊細さをもち疲れやすく、うつ病にかかりやすいともいわれています。

感情線とは・・・人の感情状態がわかる

手相の主要線の感情線は、その名のとおり、その人の感情状態、性格を表す線です。
脳においては、生命線が脳幹、知能線が前頭葉(前頭前野)に対応するのと同様、感情線は大脳辺縁系や偏桃体にあたる部分になります。
この線は、感情の強さ(感情豊か、怒りっぽい、クールさなど)や、その人の過去の喜び、苦しみ、トラウマなどの記憶も反映され、精神状態の不安定さなどもわかってきます。

相手が愛情豊かな人か、危険人物かの判断もわかってしまいます。

恐ろしいにょろね~

感情線の流年法

感情上の年齢を設定していく方法です。
流年法は、流派や占い師さんによってやり方が少し違ったりします。

手相には「流年法」と呼ばれる、ある年齢で何等かのイベントが起こる(起こった)という未来予測や過去を知る方法があります。流年法は、主要な線である生命線、知能線、感情線、運命線でそれぞれみます。
感情線の場合、小指の中央から下した線と感情線の交点を10歳とし、起点側から10歳、30歳、50歳、70歳とします。

感情線の基本的な見方

まずは、感情線の基本的な見方から説明していくよ!

長さ・・・愛情深さ

感情線の長さは愛情深さを表します。
長ければ長いほど愛情表現豊か面倒見がよく、短いほどクールな傾向がでてきます。
長いかの判断は、中指の中心を基準にします。

感情線の長さと愛情深さ
(1)感情線が長い・・・愛情豊か、面倒見がよい、独占欲が強い
(2)感情線が短い・・・クール、あっさり

線が長いほど、愛情が豊かに優しい人になりますが、情に流されて騙されてしまうこともあります。
相手に求める愛情の欲求も大きくなりますが、支配欲や独占欲が強い一面もあるので、自分本位に縛りつけすぎないよう気をつける必要があります。

感情線が短い人は、クールで親密な対人関係を求めず、あっさりした人付き合いを好む傾向があります。その分現実的で、実益を得るために即座に行動するタイプとも言えます。一人が好きなので、一匹オオカミになっても苦にならない人も。

線の濃さ・・・感情の強さ

感情線の太さは、感情の強さを表します。
線が太く明瞭であるほど感情パワーが高く、芯が強く熱い人になります。
反対に、薄い人ほど繊細で、自我が弱く失恋やトラブルのショックから立ち直るのに時間がかかるタイプでしょう。

感情線の太さが表すもの
(1)くっきりな明瞭な線・・・芯が強い、感情的になりやすい、感情移入しやすい
(2)薄く不明瞭な線  ・・・繊細、ショックから立ち直りにくい、

起点・・・テンションの強さ

感情線の起点は、小指の下部になり、起点位置によってテンションの強さが違ってきます。
感情線が上に行けば行くほど明るくテンションが高くなり、下に行けば行くほど感情は暗く陰湿な面が出てきます。

起点位置とテンションの強さ
(1)起点上部・・・ハイテンション(明るい)
(2)起点下部・・・ローテンション(暗い)

終点位置・・・性格

感情線の終点部の位置によっても、性格傾向が異なってきます。

終点の位置と性格
(1)中指で終わる・・・自己愛が大変強く、自己中タイプ。
(2)中指と人差し指の間で終わる・・・けがれを嫌う潔癖性気味。
(3)人差し指で終わる・・・標準的な感情線で、一般人としての良識を備えている。
(4)情線の末端が生命線内側に入り込む・・・世話焼き。お節介者にみられることも
(5)一直線・・・クールで、感情表現が乏しい。
(6)下向き・・・、陰湿・陰険になりやすい。

感情線は上でも述べたように、長いほど感情豊かで、短いほど人情味が希薄になってきます。
(1)のように末端部が中指に向かうと自己愛が強く本能的に。
自己中で、他人への配慮に欠けるため、人間関係で衝突を招きやすくなるタイプです。このタイプの感情線を持つ人が近づいてくると注意が必要です。
(2)のようなタイプは、潔癖性で他人の不正を見逃すことができず人と対立するタイプです。
(3)は標準タイプで、心の広さをも現しています。
(4)のようなタイプはおせっかい焼き。第一火星丘までいくと、嫉妬心が強く嫌われやすくなります。
(5)のように直線的だと、感情表現が乏しくなります。思ったままを口にする割には、情に流されず合理的に対人関係を築いていきます。
(6)下向きになると、陰湿なタイプにいなります。

起点部が低い場合は、ローテンション気質ですが、長く急上昇するとハイテンション、つまり、両方の気質を持ち合わせているということにになります。
双極性ぎみでアップダウンが激しくなるかもしれません。
低い位置から一直線だと、常にローテンションという状態となります。

感情線がつながっている・・・おだやかな相

両手のサイドをくっつけた時、お互いの感情線の位置が同じでつながっている相のことを、
両手がつながる手相
といいます。

この相は、穏やかで性格的に落ち着いていて精神が安定していることを示しています。
急激なトラブルでも乗り越えていく力があることも意味しています。

パートナーは、精神的におだやかな人がいいですね。

感情線の本数・・・感情の強さ

二重感情線

感情線が2本以上ある相です。感情力が2倍あるため情熱的で人を引き付ける存在感があります。
ただ、モテるタイプだけに恋愛遍歴を繰り返す傾向があり、結婚が遅くなりがちです。
もし、3本以上感情線があったら、こうした傾向がよりいっそう強くなります。

感情線がない

感情線がない人は、身内縁が薄い、あらゆる情が薄いという見方ができます。
愛情を受けて育てられなかったため、愛を知らず誰に対しても愛情を持てなかったり、人の痛みがわからない人間になってしまったとも考えられます。
感情線がないことを自覚して、人を信用し、まわりにいる人や家族や恋人を大切にするように努力すれば、愛情深い人になれるはずです。

感情線の末端・・・人付き合いが上手い

二股感情線

感情線が二股に枝分かれしている人は、人付き合いの誠実な常識派。
恋に対しても、真面目な考え方をする人で真横に伸びた枝線が感情を抑制しているからです。
約束事や社会ルールを守る人なので、人間関係が荒れることは少ないでしょう。
支線が木星丘(人差し指)へ延びるほど、正義感が強くリーダータイプの頼れるタイプになります。
ただし、支線が下向きに向くほど、一途に愛するあまり執着心が強まって束縛も酷くなってしまう可能性があります。

二本とも木星丘(人差し指)へ向かう
正義感が強く、同情心に厚い人。浮気などはしないタイプです。ただし、正義感が強すぎて反感をもたれる可能性も。
木星丘(人差し指)と土星丘(中指)に向かう
愛情深いがこだわり派で頑固な一面も。
木星丘(人差し指)と人差し指と中指の間に向かう
豊かな愛情の持ち主で、安定した愛情関係を示しています
木星丘と第一火星丘(親指の付け根あたりに伸びる下向き線)に向かう
決断力に乏しく、相手に依存する傾向があります。自分を表現するのが苦手なタイプも多いです。

三股感情線

感情線の先が三股になっていると、社交的で誰にでも親切な人になります。
明るく朗らかで、初対面の人にも親切に対応できるので異性にはかなりモテるタイプです。
広がるように大きく枝分かれしていると、積極的な性格をしているでしょう。
反対に狭まるように小さく枝分かれしていると、大人しく気遣い屋な性格をしています。
下向きのはっきりとした支線が3本以上出ている場合八方美人に。

末端に多数の支線がでている

4本、5本などたくさん枝分かれしている場合、さらに魅力的で社交的なタイプと考えられます。

支線

感情線にでる支線。デリケートなHSPの人は下向きの人が多いのかも?

感情線にでる支線の意味
(1)感情線に上向きの支線・・・社交的で明るい性格
(2)感情線に下向きの支線・・・内向的で繊細。ナイーブですが人柄は良く、人間的な深みが養われて異性にも同性にも人気があります。
(3)上下に出ている支線 ・・・少し神経質な性格で、ちょっとしたことでも気になってしまいがち。

他の線との関わり

知能線と感情線が近くなると「ますかけ線」のようない意味あいになっていきます。

知能線との間が狭い感情線

感情線と頭脳線がくっつきそうなくらい間が狭い相を持つ人は、感情に流されないブレない性格で恋愛、仕事において目標に向かって迷わず進む頑固者です。

知能線と交わる(ますかけの一種)

この相は、感情と頭脳に連携性が生まれ、感情と頭脳のバランスがよく優秀な人に多く、仕事がとてもできる人の相です。何かひとつのことを極めていくと、かなりの成果を上げられるでしょう。

知能線と感情線が交差(ますかけ線の一種)

知能線が上に伸び、感情線を超えて交差すると正義感、責任感が強くなり、たぐいまれな集中力で困難に向かいます。周囲からも信頼を得ることも多い手相です。チャンスは常識から外れたところにあり、驚くような展開も人生に何度かあるでしょう。

結婚線と繋がる感情線

結婚線が急カーブし、感情線まで下がってつながっていると結婚運が下降している状態です。よい結婚相手に恵まれなかったり、ご縁をつかむ機会がない状態だったりします。結婚を望んでいるなら、仲をとりもってくれる人が必要です。

線の状態(切れ、乱れ、鎖)・・・ヒステリックに

切れ

感情線が大きく切れてる人は、感情のコントロールが苦手な傾向が強い相です。
ヒステリックで些細な出来事で怒りが爆発して周囲に当たり散らしたり、その時の感情に振り回されやすいタイプでしょう。
特に、薬指下あたりで切れている女性が多いようです。
こういう人は、遺伝するタイプで、結婚恋愛生活上に多大なトラブルが生じる事を意味し、多くの場合、初婚に失敗しやすい宿命的な運勢を持つとされています。

きれきれ

感情線が切れ切れで、ぐちゃぐちゃして見える場合は、やや神経質で情緒の不安定を表します。
感受性が豊かですが、短気で気まぐれ屋なので忍耐力もなく虚弱体質気味に、恋愛面では多情で浮気っぽいこともあるようです。

乱れ

感情線は、愛情や心の部分を表していることから多少乱れていたり、島があるのが一般的で、乱れのないものよりもやさしさや人間味がでてくるので、好ましいとされています。
ただし、極度に乱れていると多感・多情、惚れやすく冷めやすいといったように気分にムラがでてきます。浮気したり、悪い男にひっかかり騙され易いところがでてくるので、十分注意することが必要です。

鎖状

感情線が鎖状になっているタイプもデリケートで神経過敏。精神が不安定で、一人で悩んでしまいやすい人に多い相です。細かいことが気になったり気遣いもできるので異性に好かれるでしょう。このタイプの人は、一人になる時間を少なくし、悩みを家族や友人・恋人に相談できる状態にしておくことで精神を安定させることができます。

HSPの方は、感情線が乱れている方が多いのではないでしょうか?

繊細な感性が活かされる美術や文芸分野などに携わると、才能が発揮されますよ!

感情線と紋

吉凶のサインを表す紋と運命線との関係についてみていくよ!

スター(星紋)

3本の短い線からなるスターが感情線上に出ていると、メンタルが好調になるような出来事が起こるサインです。素敵な異性との出会いで恋人ができたり、ストレスのない心地良い日々が送れるなどの何か良いイベントが起こるかもしれません。

フィッシュ(魚紋)

魚のような形をしたフィッシュは幸運のサイン。
感情線にフィッシュがあると、予想外の感情的にいいことが起こるサインです。いい出会いがあったり、結婚が決まったり、よき出来事で精神が安定するようなことが起こるでしょう。

トライアングル(三角紋)

感情線の近くに三角紋がある場合、精神状態が安定しており、対人・愛情関係において上手くいくサインです。愛情深くなるので恋愛運もアップするでしょう。
感情線と重なっていると、精神的に乱れて不安定な状態なので注意する必要があります。

スクエア(四角紋・#紋)

四角紋は「保護。回避」の意味あいが強いものですが、感情線上にスクエアがある場合、心に深い痛みを残してしまう出来事や心配事が起こるサインです。しかし、乗り越えられない壁ではなく、これをバネにして精神的に成長していけるものなので、諦めずに希望を持ちましょう。

感情線上に島は恋愛面や人間関係のトラブルにあいやすいことを暗示しています。
感情的になって、せっかくの出会いや職場の人間関係をダメにしないように気をつけましょう。

ほくろ

感情線上のほくろは、凶相。愛情面にマイナス要素が加わることになります。
感情をコントロールすることがきないので、恋に盲目的になって失敗したり、カッとなって暴言を吐いたりしがちになります。

感情線をみることで、自分の感情の気づいていなかったことがわかってくるのではないでしょうか。

年を重ねるほど、感情コントロールがききにくくなるので、ストレス発散はこまめににょろ。

その他の手相はこちら

クリックでTopページへ

90分で自然治癒力発動!
精神科・心理療法で克服できない大うつ病も超短期で解消!
潜在意識速攻ヒーリングで脳を若返らせ体質改善
覚醒脳へステップアップ!

大うつ病・抑うつ・不安障害・強迫観念・睡眠障害
視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア
過敏性腸症候群(IBS)、慢性疲労症候群、自律神経失調症
精神安定・健康維持・精神疾患予防・ストレスケア

愛媛松山占い、愛媛松山手相、愛媛松山ヒーリング、愛媛トラウマケア
愛媛健康療法

タイトルとURLをコピーしました