構築中サイトです。

「回避性パーソナリティー」とは・・・HSP(ハイリ―センシティブパーソン)に多いパーソナリティー障害

HSP
Business concepts, risk or safety

潜在意識のコアから自然治癒力発動セルフケアヒーリング!
向精神薬に頼らず
不安障害・大うつ病も速攻克服可能!
疲れやすい
HSP,HSS型/HSPタイプ向けヒーリング

 

HSPとは

回避性パーソナリティ障害とは?

HSP(ハイリ―・センシティブ・パーソン)と関わりのあるパーソナリティー障害の一つ回避性障害についての内容です。

性格面

回避性パーソナリティーは、パーソナリティ障害のクラスターC群に分類されるもの。
このカテゴリーは真面目で責任感が強いものの、物事に回避傾向がみられる特性を持つのが特徴です。
自己アピールの上手い外国人と違い、日本人はあまり人前にでたくない人が多いですが、この基準に該当するからといっても「障害」とはいえないこともあります。小さい頃は、友だちともよく遊び、活発で大胆だった子が、中学生以降、何等かのきっかけで不安が強く、引っ込み思案な回避性の傾向を強めるケースも珍しくありません。
スキゾイド同様、攻撃性もなく温和なタイプに見られる人が多いと思われます。

強いタイプの特徴として
・自分の欠点ばかりに目がいき自己肯定感が弱い。
・傷つくことや失敗を恐れるあまり、様々なことを回避してしまう。
・人と繋がるようなリスクを冒すよりも、むしろ孤独を選ぼうとする傾向がある。
・自分から声をかけて友人をつくろうとしたりせず、向こうから来る人の相手はするものの、去っていこうと思わない。
・自己肯定感が低いので「周囲の人の関心に値しない」「自分が生み出したものはたいしたものではない」と思い込んでいる。

恋愛、結婚面の特徴

人を回避するという点ではスキゾイド系タイプの人に類似しています。
スキゾイドタイプの人は、恋愛に興味がない、性行為を行うことに強い関心がないのが特徴です。
一方、回避性の人は恋愛に興味があり恋愛関係に入ると一途で尽くす傾向があります。
奥手なほうなので、意中の人がいても興味がないような素振りをしたり、告白するにも普通の人よりもかなり勇気を要します。ストレートに愛情表現をしてもらいたい相手からみるとじれったいように思われるかもしれません。
ただ、失恋するとその傷がなかなか癒えず、その人のことをずっと想い続けなかなか次の恋に踏み出すことができない特徴があります。嫌がらせ、モラハラなどする危険性も低いですが、逆に利用されてしまうことのほうがあるので注意が必要です。

回避性がある人は、容姿端麗な人が多いようです。年齢よりも若く見られる人も多いのでは。

でも、自信がなくて整形をしたがる人も多いようです。プラトニック系ともいえるでしょう。

わたしのように失恋でぽっきりうつ病になったあなたは回避性が高いですね。一途がすぎるとストーカー・・。

コロコロ相手を変えたり浮気してる人は該当しないにょろ~。

仕事面

仕事面はこつこつと真面目にこなすタイプの人が多いので、評価は得ることはできます。
また、我慢しがちなので、抵抗しないと次から次と仕事を押し付けられることもあるかもしれません。
そのため、上司によっては損な役回りをさせられる憂き目にあう可能性もあります。
人に頼るよりも、自分で片付けた方がよいと考える面もあるので、ついつい仕事を抱え込みがちになるので、人に頼ることや依頼を断る勇気も必要でしょう。

過度な責任ある仕事や依頼を任されると不安になり、かなりのプレッシャーやストレスを感じるでしょう。おのため、出世に対して恐怖を抱き、会社勤めを長年続けていくと出世が生きにくさの原因になる場合もあります。

最近は出世したくない人も増えてきてますしね。

真面目に仕事すれば出世がついてくる。仕事をさぼればリストラ対象ににされる。どっちにも転べない息苦しさよ。

回避性パーソナリティー診断

回避性パーソナリティーのチェック!

アメリカ精神医学会によって出版された書籍(DSM-IV-TR)では、次の診断基準のうち、少なくとも4つ以上当てはまる場合に回避性パーソナリティ障害と診断されます。

1.批判や拒絶に対する恐れのために、職業、学校活動を避けていること。
2.好かれているという確信がないと親しい人間関係が作れない。
3.親密な関係でも遠慮がちであり、親密となるには批判なしで受け入れられていると確信したり、繰り返し世話をされるということを必要とする。
4.批判などに過敏であること。
5.不適切という感覚や低い自尊心があるため、新しい対人関係では控えめである。
6.自分が劣っていると感じている。
7.新しいことに取り掛かりにくい。

参考:ウィキペディア

回避性パーソナリティー に多いMBTIタイプ

MBTIとは世界共通で使用されている性格診断ツールです。
4軸を元にした16タイプにわけて診断します。

無料性格診断テスト | 16Personalities
回避性パーソナリティーに多いタイプ

INFP(仲介者)
 詩人肌で親切な利他主義者。良い物事のためなら、いつでも懸命に手を差し伸べる。
ISFP(冒険者)
 柔軟性と魅力がある芸術家。常に進んで物事を探索し経験しようとする。
ISFJ(擁護者)
 非常に献身的で心の温かい擁護者。いつでも大切な人を守る準備ができている。

回避性は「F(感情)」があるタイプ。
のんびり、ふんわりしたような感じの人が多いですね。

昔ながらの日本人気質タイプが揃ってるにょろ。

なぜ回避性パーソナリティーになるのか?

回避性パーソナリティーの性格形成は先天的なもの以外にも、愛着障害や家庭環境などによっても形成されていきます。

①生まれ持った気質の影響

一つはHSP気質の影響があります。
この気質が強いと、人一倍心の傷となります。

考えられる原因の背景には、過去にあまり褒められなかったことや、いじめなどがあります。また、親の操り人形となりやすい傾向にあり、主体性のある行動がとれなくなる傾向もみられます。

②愛着障害、育成環境

2つ目は乳児期の親子との関係の問題
愛着障害
です。
愛着(親子の絆)に問題がなければ「安定型」
となりますが、
長期的に虐待やネグレクト(放置)などを受け、
上手くいっていない場合は
「3つの不安定型(不安型、回避、恐れ・回避型)」
になります。

回避性パーソナリティーの場合もスキゾイドと同じように、
人との親密な関係を避ける「回避型」が多いようです。

誰に対しても自分の心中を明かさず、相手から好意を寄せられてもそっけない態度をしがち。
誰かと一緒に過ごすことに興味があることがスキゾイドと異なりますが、基本的に一人で過ごすほうが気楽と感じるのは類似しています。

愛着障害が起こる原因

・両親の離婚
・養育者のネグレクト、無視、無関心
・養育者の頻繁な交替
・養育者との死別、離別
・虐待
・兄弟との差別、極端な比較
・褒められ体験の欠如
・厳格すぎるしつけ環境

「回避性パーソナリティー」は極度の日本人気質。ひと昔前の奥手な日本人のようなタイプといえます。

褒めない親。貶す親。これが大きな原因ね。

 HSP、HSS型/HSP向け速攻覚醒型ヒーリング
メランコリー親和型
大うつ、不安障害も極短期で解消!
副作用もなく発症前状態まで速攻ヒーリング

視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア

      うつ病・不安障害克服   「Natural Selfcare Program紹介

    ブレインアシスト           神話と真理の旅
    「Natural Selfcare Program」予備サイト

TOPへ

 

タイトルとURLをコピーしました