構築中サイトです。

様々なHSPタイプ(外交的、内向的)、HSSタイプ、HSS型HSPタイプ

HSP
Japanese pink cherry blossom petals isolated on white background

潜在意識のコアから自然治癒力発動セルフケアヒーリング!
向精神薬に頼らず
不安障害・大うつ病も速攻克服可能!
疲れやすい
HSP,HSS型/HSPタイプ向けヒーリング

 

はじめに

HSPと一言でいっても、全く皆が同じというわけではありません。
色々なタイプがあります。

内向タイプと外向タイプ

内向的と呼ばれるHSP.。(内向的といってもネクラという意味ではありません。深く考えるタイプです。)
しかし、内向的なタイプだけでなく外交的なタイプがあります。
HSPの70%が内向的、30%が外交的といわれています。

内向的なタイプの特徴(70%)

・人嫌いではないが、少人数での集まりが好き。
・大きなパーティ、集団を好まない。
・一人で過ごす時間が長くても苦にならない。
・一人遊びが得意。

外交的なタイプの特徴(30%)

・広い交際範囲をもつ。
・新しい出会いを好む。
・社交的
・人見知りしない。
・人前でのスピーチに抵抗がない。

社交的なタイプは、愛情深い家庭で育った安全地帯で育ったタイプで、外の世界は安全だと認識できるようになったのであろうと、アーロン博士は述べています。あるいは外交的であるよう振るわなければならないという状況の環境下で育ったかもしれないとも。そのため、社交的な人でも無理して外交的になろうと努めてしまい、疲れてしまうこともあります。

HSS(Highly Sensation Seeking)という気質

HSPとは逆タイプのHSP。それがHSSです。

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、他者の心に敏感な気質を持った人のことです。
HSSとは、Highly Sensation Seekingの略で、刺激追及型という変化による刺激を求める気質を持った人のことです。
心理学者のマビン・ズッカーマンが唱えた概念で、シンプルな表現ではHSPとは真逆のタイプです。
かといって「外交的」という意味ではありません。HSPは冒険を好まないタイプに対し、HSSは新規で複雑で激しい刺激を求め、肉体的、社会的、経済、法的リスクを負うことを好むタイプです。

HSSチェックリスト

次の質問に答えて下さい。少しでも当てはまると「はい」、全く当てはまらない、あまり当てはまらない場合は「いいえ」と答えてください。

エレイン・ N・アーロン博士によるチェック

1.安全ならば、奇妙な新しい体験ができるドラッグを服用してみたい。
2.会話によっては、とんでもなく退屈することがある。
3.好きだとわかっている場所にもう一度行くよりは、好きにならないかもしれないが新しい場所にいきたい。
4.スキー、ロッククライミング、サーフィンなど、スリルが味わえるスポーツをしてみたい。
5.長い間家にいると落ち着かなくなる。
6.することもなく待つのが嫌だ。
7.同じ映画を2度観ることはほとんどない。
8.不慣れなこと、未知なことを楽しめる。
9.普通でないものを見ると、とことん追求したくなる。
10.毎日同じ人と一緒にいると飽きる。
11.私が何をしでかすか予測がつかない、と友達は言う。
12.新しい分野を探るのが好きだ。
13.日常的なルーティーン(日常のきまりごと)をさけている。
14.激しく心を揺さぶるアートに心惹かれる。
15.高揚感を与えてくれる成分を摂取するのが好きだ。
16.突発的な行動をとるような友人を好む。
17.自分にとって目新しく好奇心を刺激するような場所にいたいと思う。
18.旅行にお金使うなら、できるだけ知らない国がよい。
19.探検家になりたい。
20.周囲がひきつり笑いをするような下ネタがでると楽しいと思う。

得点評価

男性の場合13個以上「はい」ならHSS、12~10個でややHSS、9個以下ならHSSでないかもしれません。
女性の場合11個以上「はい」ならHSS、8~10個でややHSS、7個以下ならHSSでないかもしれません。

HSS型HSPタイプ

HSP気質にHSSの両方の気質をもつ HSS型HSP 気質タイプもあります。
このタイプはアクセルとブレーキを同時に踏んだようなタイプ。新しい経験はしたいけど危険はしたくない、いろいろ経験したいけどふみだせないというタイプです。

HSS型HSPタイプは全体の6%程度といわれています。

タイプの分類

HSPは全人口の20%を占め、さらにHSP、HSS、 HSS型HSP に分類されます。現在はさらに細かく分類されて異なってみえるようですが、いずれもHSPのもつ4つの特性DOES(ダズ)をもっていることにはかわりありません。HSPだからといっても皆同じタイプではなく、一人一人個性があり、また成長、経験とともに変化していくのでこの分類に細かくこだわる必要の意味はあまりないと思います。

HSP(14%)

・自分の世界がある
・大きな音や賑やかな場所が苦手
・おとなしく、じっとしているのを好む
・思慮深く、内省的

非HSP非HSS(50%)

一般タイプ

HSS型HSP (6%)

・新しいものに興味を抱きやすいが、危険にはあまり近づきたくないと思っている
・神経が高ぶりやすく、気が多い
・刺激に対する反応が大きい
・飽きっぽい

HSS型非HSP(30%)

・大雑把に物事をとらえる、細かいことにはあまり興味がない
・好奇心旺盛でやる気に満ち溢れている
・危険をおかすことをためらわないが、退屈しやすい
・衝動的な面もある

タイプにこだわりすぎていくと本来のHSPの気質からずれていくので、こんなパターンがあるんだ程度にながしておきましょう。

 HSP、HSS型/HSP向け速攻覚醒型ヒーリング
メランコリー親和型
大うつ、不安障害も極短期で解消!
副作用もなく発症前状態まで速攻ヒーリング

視線恐怖、パニック障害、摂食障害、PTSD/解離性障害、トラウマケア

      うつ病・不安障害克服   「Natural Selfcare Program紹介

    ブレインアシスト           神話と真理の旅
    「Natural Selfcare Program」予備サイト

TOPへ

 

タイトルとURLをコピーしました